スポンサードリンク

マリアアザミとシリマリン

マリアアザミが慢性肝炎や肝硬変などに効果があるとされるのは、シリマリン(Silymarin)と呼ばれる4種のフラボノリグナン類(flavonolignans)が多く含まれているからです。



マリアアザミのシリマリンは、肝臓細胞の外の膜のセル構造を変更して、有毒物の侵入を防ぎます。また、肝臓は再生能力の高い臓器ですが、シリマリンは、新しい細胞を生成する肝臓自体の能力を刺激することで細胞の再生を促すことで傷ついた肝臓の修復に効果をもたらします。



マリアアザミのシリマリンの作用は、抗酸化作用もあります。肝臓は、細胞に有害といわれる活性酸素を最も発生させる臓器といわれています。シリマリンは、その肝臓中の有害な活性酸素を消去、無害化して、肝臓を酸化ダメージから守ります。



世界的権威のある薬用植物の評価委員会であるドイツのコミッションEは、これらのことから、肝炎、肝硬変、およびアルコールあるいは他の毒素によって引き起こされた脂肪の潜入のような慢性の扇動的な肝臓障害の治療で、マリアアザミの調整剤が使用されることを認めています。



マリアアザミを摂ることは、肝臓障害の治療に効果があるばかりでなく、有毒物の侵入を防ぐ作用があることから、前もって服用することで、肝臓障害を予防することを期待できるといえます。

マリアアザミ 最新一覧 By 楽天



マリアアザミの効能 / マリアアザミと脂肪肝 / マリアアザミと糖尿病 / マリアアザミとシリマリン / マリアアザミと肝臓 / マリアアザミの副作用

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。